清水理恵子

群馬県桐生市生まれ。19歳の頃から、タップダンスを習い始める。1998年タップダンス教室「TAP WINGS」を開く。 元県警職員という経歴を持ち、県警音楽隊のカラーガードにもタップダンスを指導し、実績を認められる。

以来、芝居、イベントのタップの振り付けも行い、自身もライブ活動、都内の舞台に出演し、幅広く活躍している。 2002年11月にはショートステイながらもタップダンスレッスンのため渡米。現在でも日本などで活躍しているタップダンサー宇川彩子らに師事し、交流をはかりながらも技術向上を目指している。 2008年長女、2011年次女を出産し、子育ても楽しみつつ、タップダンサーとして活動している。

清水理恵子の歩み

12.2.20 伊勢崎スタジオオープン
11.9.19 タップダンサー宇川彩子によるワークショップ 笠懸スタジオに於いて
11.9.17 桐生市メイトバザール出演 ジョイタウン広場に於いて
07.04.14-15 「NATIONAL TAP DAY 2007」出演(東京郵便貯金ホール)
06.05.12-14 「JIMMY SLYDE/SWING MAN」(東京芸術劇場)
04.09.10-12 「JIMMY SLYDE /We'll be together」出演(東京芸術劇場)
04.01.29 群馬テレビ「ジャストN」生出演
04.01.08 上毛新聞「ぴーぷる」掲載
03.12 FM太郎ラジオ出演(録音)
03.09.25 FM群馬「Morning Radio-soup」生出演
03.06.07-08 「TAP DANCE FESTIVAL」に出演(銀座博品館劇場)
03.05.05 群馬藤本会おさらい会に出演
02.11.30 「屋根裏」においてジャズバンドとのジャムを行う
02.11.20-27 NYへ!!
02.09.23 ジャズバー「バーボン」の閉店ライブに出演
02.04.01 公務員退職。タップの道へ!